4月 ふたり展

展示期間   平成 24 年 4月 1日  ~   24 年 4月 30日

【作品コンセプト】
臼井正博  「日常の生活の中で使うことにより進化していく道具達」
 《陶芸》土の感触を両手で味わいながら操作し、そして炎に任せ生まれる形や色、リズムや意外性の面白さ、作者にとって日常的に使うことにより、より進化していく道具です。
 《ドールハウス》木の感触や美しさを生かして製作する子どもたちが想像の世界を楽しみながら、そこに家具や人形、布などを置いたり、ごっこ遊びを楽しんだり…。子どもが遊ぶことにより、進化していく道具です。
臼井啓子  「野花たち」
 《油絵》自然に浸りながら視点を低くして、野の花を見ると、その美しさや生命力に見とれてしまったり、小さな世界に宇宙を感じることも…。小さな草花たちから大きな深い自然が描けたらと願っています。

【プロフィール】
臼井正博  退職後、陶芸作家に学ぶ
臼井啓子  現在、社団法人「光風会」会員
        個展・グループ展など多数行っている。

【今後の活動予定】
臼井啓子 光風会展(東京展・名古屋展)、光陵展(名古屋)に出品予定
e0276415_14263259.jpg

e0276415_14283986.jpg

[PR]
by hidamarinokobo | 2012-04-01 14:19 | 作品紹介


<< 5月 末松 文さんの展示が始ま... 陽だまりの工房2012 始まり... >>